Barracuda Message Archiver

Barracuda Message Archiver
『簡単操作、低価格で包括的なEメールアーカイブソリューションを提供』




主要機能
項目名 項目内容
包括的アーカイブ ・Exchangeからの復元(MAPI)
・Exchangeジャーナルとの統合
・IMAPとPOP3経由の復元
・Novell GroupWise統合
・SMTP Eメールアーカイブ
・PSTファイルインポート
・Eメールエキスポート
・シングルインスタンスストレージ
・Eメール圧縮
・改ざん防止ストレージ
検索・復元 ・メタデータ検索
・Eメールコンテンツ検索
・添付ファイル検索
・複合検索
・保存検索
・Eメールのタグ付け
・検索結果のエキスポート
レポートと統計 ・Eメール数
・ストレージ活用
・ポリシー違反
ポリシー管理 ・標準ポリシー
  - 不適切な表現
  - 個人Eメール利用
  - 個人特定可能情報
・カスタムポリシー
・ポリシー違反Eメールへの警告
・ポリシー違反Eメールの定時報告
・時間ごとの遵守ポリシー
・ウィルス、スパイウェア、マルウェアのスキャニング
インテリジェント
ストレージマネージャ
・内部RAIDアレイの管理
・外部ストレージへのミラーリング
・拡張可能な外部ストレージ
・CIFS標準サポート
・iSCSI連携
ロールベース
インターフェース
・アドミニストレータと監査人のロール定義
・アクセスとポリシーの詳細コントロール
・エンドユーザアクセス
・LDAPディレクトリサーバとの統合
・Outlook連携
ハードウェア仕様
項目名 項目内容
インターフェース ・標準VGA
・PS/2キーボード、マウス
・イーサネット
・シリアルポート(DB-9)
電源仕様 ・AC入力電圧 100~240V
・周波数50/60 Hz
サポートオプション
項目名 項目内容
エネルギー充填サービス
(年間契約)
・ポリシー定義の毎時更新
・ドキュメント定義の毎時更新
・ウィルス定義の毎時更新
・セキュリティ定義の毎時更新



基本的な導入構成はMicrosoft Exchangeサーバと並列にBMAを設置します。Exchangeサーバによりジャーナル用メールに指定されたEメールは、エンドユーザに配信される前にBMAにキャプチャされます。この導入構成では、ジャーナル化する以前にEメールサーバに蓄積された過去のEメールも、MicrosoftのMessage Application Protocol Interface(MAPI)を利用してBMAにインポートすることが可能です。



Eメールサーバでジャーナル機能が使用できない、あるいは実用的でない場合、BMAとBarracuda Spam Firewall(以下、BSF)を併用することにより、SMTP経由で外部と向けEメール及び、内部向けEメールをキャプチャする方法があります。外部のインターネットユーザより送信されたEメールをキャプチャする場合、BSFのジャーナル機能を利用して、EメールのコピーをBMAに送信できます。内部向けに送信されたEメールのキャプチャは、Eメールクライアントの設定をBMAに指定し、そして内部メールサーバへSMTPリレーすることにより設置することが可能です。


製品名 標準価格
Barracuda Message Archiver 150  \714,000
Barracuda Message Archiver 350  \1,800,750
Barracuda Message Archiver 450  \3,249,750
Barracuda Message Archiver 650  \5,397,000
Barracuda Message Archiver 850  \10,799,250
Barracuda Message Archiver 950  \16,191,000
   価格は税込みです。

 ※上記内容には初年度の有償保守(故障時のH/W交換、ポリシー定義ファイル更新およびソフトウェアメンテナンス)が含まれます。

Barracuda Message Archiver 製品カタログ   


株式会社トラストシステム
システムインテグレーション本部
〒101-0021
東京都千代田区外神田3-14-10
秋葉原HFビル3F
TEL 03-3253-0323
地図 ]