私は会社設立以来、3つの信念(方針)に基づいて会社を運営してきました。

■第一に「人と人との絆・信頼関係を大切にする」ということです。

システムは、チームを編成し開発が進められます。チームには、お客様・メーカー・ベンダー等の様々な企業の社員が参加し、お互いに協力しながら 其々の役割を果たす事によりシステムが完成します。一番大切なことは、システムを作るのも人間だということです。 開発の過程では、意見の衝突・問題の発生・厳しい作業の連続・・・等苦しい事が沢山あります。 しかし、最終的にシステムが完成し無事本稼働すると、今までの出来事が思い出に変わり、参加した人と人とに絆が生まれ、企業間にも信頼関係が生まれます。 どんなに優れた技術でも、人と人との関係以上にシステムに影響を与える事は無いのです。 私は、この中で生まれた「人と人との絆・信頼関係」を財産と思い、大切に社員にも伝えてきました。当社がここまでこられたのは、 この「人と人との絆・信頼関係」を大切にしてきた事に負うところが大きいと思っております。

■第二に「人を大切にし、人材教育に力を入れる」ということです。

システムは、開発に携わった人間の技量(業務知識・設計力・技術力)・人と人との信頼関係・決して諦めない精神力によって作られます。 当社の最大の経営資源は人です。IT技術の教育は勿論のこと、お客様と開発に携わる為の社会人教育・業務教育及びプロジェクト管理者育成教育に 力を注いでおります。 又、会社のスローガン「3T」(楽しい職場作り・定時退社を心がける・高い給与を得る)を強化推進し人間力の強化を行い、 お客様から強い信頼関係を得られる人を育てます。
【スローガン「3T」】
楽しい職場作り・・・風通しが良く。やりがいの有る職場。
定時退社を心がける・・・朝会や夕会を通して作業の確認や現状の理解を行う。
高い給与を得る・・・職場で認められ、お客様に求められる。

■第三に「情報システムの開発を通じて、お客様の事業に貢献し、共に発展する企業を目指す」ということです。

どんな企業もお客様が存在して初めて成り立ちます。当社の役員・社員は「お客様第一の精神」を常に心がけています。 当社の売り上げを上げる為にシステム開発に参加するのでは無く、お客様の事業に役立つシステムを共に開発し、 お客様の事業が発展する事によってお客様の信頼を獲得し、当社も発展するというビジネススキームを 確立したいと考えております。

30期という節目が終わり、またあたらしい10年を歩み始めました。
時間の流れ以上に、モバイルデバイスや通信環境が目まぐるしく変化し、
それに合わせてサービスの形も変化しなくてはなりません。
ただ1つだけ変わらないこと、変えてはいけないもの。私たちの商品は「信頼」なのです。